現代マスター総覧第2巻

セージマスターが自ら書き下ろした本で、現代マスター総覧の続編です。右クリックで読むことができます。
タイプ
重量
1
取引

関連情報1

クエスト報酬

画像

内容

現代マスター総覧

 1. ソルシャ・ハートン(Sorsha Hutton)

ハートン家の始祖はラエル2世時代に生まれ、後に王室の後継者争いの末に即位したコソメル国王の即位に貢献し、貴族の地位と領地を手に入れました。 その後、数世紀に渡ってハートン家は一族の秘伝の剣術を発展させ、貴族としての教育、領地の運営、武芸に関する素質という三つの条件を満たさない者を領地の外に追い出して独立させることでさらに剣術を発展させていきました。

 ソルシャ・ハートンは若くして、長い一族の歴史でもなかなか見ることのない才能を発揮し、フェンサーマスターに志願しました。 歴史上の全てのフェンサーマスターがハートン家の者というわけではありませんが、ハートン家の者がマスターに志願する場合、実力で勝る者はいなかったため、彼女の要請は一族内部の承認と外部の全面的な支持を得ました。

 2. ロレッタ・ニンバース(Loreta Nimbus)

ロレッタ・ニンバースはダミエル国王の統治末期に生まれ、プリネル国王の在位期間中にマスターの座に就きました。 先代のマスターたちを超える彼女の最も大きな業績は生命力を吸収し、長生きできる方法を発見したことです。 もちろんこの方法で最初に恩恵を受けたのは本人で、ロレッタがアムジナスの一員になったことでネクロマンサーマスターもまた何人かのマスターのように後任者を選定する必要がなくなりました。

 3. ジーナ・グリーン(Gina Green)

グリーン家は王国で最も広い領地を保有した貴族です。 ジーナ・グリーンは幼い頃から一族の広い領地の色んなところで育ち、その経験は後のドルイドの道へ進むと決断した時とマスターの座に就いた時の大きな糧となったそうです。

 また、後に彼女は一族の最も多くの土地を相続すると、ドルイドマスターが特定の場所だけを気にかけて管理するのはよくないと思い、ほとんどの土地を売却した後、ケドラ商団にその財産を預けました。そのため、彼女はパードナーマスターが羨む大富豪でもあります。 投資目的や未来を見据えた行動ではありませんでしたが、神樹の日で全国のほとんどの土地と農場は破壊され、彼女の選択は不本意ながら凄まじい富をもたらしてくれることになりました。

 しかし、お金に興味がないジーナはその財産を使って被害を受けた一族の親類と大勢の人たちに経済的な支援を行っています。

 4. レオナルド・クィックトーン(Leonard Quicktongue)

レオナルド・クィックトーンはサッパーマスターの本名ではありません。 10代の頃から名を馳せた盗賊である彼は軍隊の物を盗み、それによって軍人であった父は濡れ衣を着せられました。 息子をかばうために弁解もできなかった父はこの世を去るまでサッパーマスターに会わなかったそうです。

 クィックトーンは後に反省の意を表すために軍人になり、工兵将校として多くの功を奏しましたが、度重なる面談要請にも父は上司としての命令なら会うという返事しかしませんでした。 このような事情があるからかサッパーマスターは今も人の目を盗んで人々を助けているそうです。